【名古屋編】カップルで受けるブライダルチェック

ブライダルチェックを受けられる名古屋のクリニック情報をまとめています

どんな検査をするの?

ブライダルチェックの検査内容について、分かりやすくまとめています。

ブライダルチェックと婦人科検診との違い

ブライダルチェックはクリニックによって検査項目や流れは変わりますが、婦人科系をはじめとする全身の健康状態がわかるため、子宮筋腫やSTD(性感染症)、甲状腺異常、子宮頸がんといった病気を早期発見することができます。

妊娠しにくくなってしまう病気、胎児へ影響が出てしまう病気のリスクを減らすことができますから、ブライダルチェックはぜひとも受けたい検査です。

特に最近20~30代に増えている子宮頸がんも、早期発見ならほぼ治る病気です。

結婚をきっかけにブライダルチェックしておくことは、将来を見据えるうえでも、有意義なことだと言えます。

ブライダルチェックの一般的な検査内容

一般的なブライダルチェックの検査方法は問診から始まり、聴診や触診、血液検査、尿検査、超音波診察があります。

検査項目や順番はクリニックによって異なりますが、ここでは女性を例にとって主な検査方法をご紹介します。

  1. 医師による問診
    健康状態や生活習慣、妊娠や出産の経験、今までの病気やアレルギーの有無、初潮の年齢や月経痛など事前に記入した問診表をもとに、医師と面談して話し合います。
     
  2. 内診・触診・聴診
    脈拍や心音、目や舌の状態、歯周病の有無を調べます。
    また内診では膣内に異常がないかをチェックするため子宮入口の細胞を摂取して子宮頸がんの検査や性感染症の検査を行います。
    子宮や卵巣に目立った腫れがないかも診察します。
     
  3. 超音波検査
    膣内部に超音波器を挿入して、子宮や卵巣の状態をさらに詳しくチェックします。
    子宮筋腫や卵巣腫瘍を早期発見できるので、恥ずかしがらずに受けましょう。
     
  4. 尿検査
    尿に異常がないかを調べます。糖尿病や腎臓病、膀胱炎を早期発見できます。
     
  5. 血液検査
    風疹抗体の有無や貧血、性感染症を始めとした感染症の有無を調べます。
    妊娠を望む場合は、風疹の抗体がない場合はワクチンで摂取しておくことができますし、血糖やホルモンバランス、栄養状態なども調べることもできます。

婦人科検診との違いは?

ブライダルチェックは一般的な婦人科検診と何が違うの?という疑問をもっている方も多いと思います。

確かに、婦人科検診でも子宮がんや血液検査などはありますし、会社で受けている健康診断の他に費用をわざわざ払ってまで受けるメリットはあるのか分からないという方もいるでしょう。

婦人科検診との大きな違いとして、妊娠や出産に影響をおよぼす疾患を発見できるかどうかが挙げられます。

例えば、おりもの検査や性感染症の検査、超音波による子宮や卵巣の検査などは、ブライダルチェック特有の検査です。

性感染症は気づかないうちに感染していることも多いのですが、事前にブライダルチェックで早期発見できれば早期治療が可能になります。

治療をしっかり行えば健康な体で新婚生活を送ることができますし、パートナーも未来の赤ちゃんも安心です。

 
※このサイトは個人的に調査した情報をもとに作成しています。
最新の情報については各リンク先、公式サイトなどでご確認ください。